話題

チーズをつかった離乳食レシピ

チーズは、数多くの料理に使われ、多くの人に人気のある食材です。
チーズと言っても一つだけでなく様々な種類があります。
匂いのきついものであったり、食感に特徴があるものなど、様々です。

その中で、離乳食として使われるチーズが、フランス発祥の『カッテージチーズ』です。
他のチーズと比べてヘルシーな部分を好む人が多いチーズです。

そのカッテージチーズで離乳食が考案されています。
今回はその一つを紹介します。
用意するものは、牛乳とレモン汁(お酢で代用可)です。

まず耐熱容器に、牛乳を入れてラップをし、600Wの電子レンジで1分40秒程温めます。
次に、温まった牛乳にレモン汁を入れてかき混ぜます。
分離してきたら、そのまま15分ほど置いておきます。

15分経ったら、キッチンペーパーなどを敷いたボウルに流し入れ濾します。
その水を切りながら冷蔵庫で30分ほど冷やします。
水が切れたら、付近などで包んだまま洗い、レモンの酸っぱい汁を落とします。

最後に良く洗い、絞れば出来上がりです。
冷蔵庫に入れて保存させておくと良いでしょう。
ポイントとして、レモン汁の代わりにお酢を使う場合は、お酢臭さを残さないために良く洗うことです。
子どもの離乳食に手作りのカッテージチーズ、ぜひ試してみましょう。