話題

ネズミは本当はチーズが嫌い?

ネズミが一匹、大きいチーズを枕元に横たえ休んでいるところに、猫がのそのそと近づき、襲い掛かるが逃げられる…有名なアニメでよくあるシーンで、他の映像作品でも、ネズミが大好物なものとして、チーズが挙げられます。
それを見るとネズミは血相を変え、それに飛び込んでいき、チーズに無数の穴が出来る…そんなシーンをよく見かけると思います。
しかし、近年の研究により、ネズミ=チーズが大好きという構図が間違っていた、または人間の思い込みだったことがわかっています。

そもそもネズミのチーズ好きという常識は、先ほど述べた『チーズの穴』に由来していますが、その穴は別の目的(巣を作るため等)で作られているというのです。
また研究者の研究により、ネズミは他のものより特にチーズを好んで食べるという性質は無く、嗅覚が強いため逆にネズミにとっては避けるような食物なのではないか、という研究結果も発表されています。

その他ネズミのチーズ好きに関して異論が唱えられるような実証も多数あり、結果的にはネズミのチーズ好きは間違った考え方として知られるようになってきました。
しかし、現にネズミまたはハムスターを飼っている人は、やはりネズミはこれを好んで食べるではないか、という意見も挙がっています。
ネズミは仕方が無くチーズを食べているのか、あるいは人間の勝手な思い込みなのか…より深い研究結果が出たら面白いですね。