話題

11月11日はチーズの日

世の中には色々な記念日が制定されていますが、11月11日がチーズの日であるということを知らない人は少なくありません。
なぜ、その日はチーズの日なのでしょうか。

もとは、時は飛鳥時代、西暦700年10月ごろに、文武天皇が現代のチーズのもと(ミルクを煮詰めたもの)となる『蘇(そ)』を作らせたという記録が『右官史記』にあったため、10月を現代の歴(11月)に直し、チーズ普及協会がわかりやすい11月11日に『チーズの日』を制定したのが始まりです。
その日には、地方でこの祭典が行われることがあります。
チーズの期限はより古いとされており、一説では長旅に出ていた商人が、飲み物を保管しておくための、羊の胃袋に牛乳を詰めておいたのですが、いざ飲もうとすると液体が出てこないので中身を確認してみたところ、なんと固形化していた…というところからチーズの考え方が広まったとされています。

そんな古い歴史を持つチーズですが、栄養価が高く、様々な料理に応用できることから、世界で親しまれています
私たち日本人でもこれを食べる機会は多いでしょう。
このようにチーズの歴史を知ると、もし現代のようなチーズが存在していたら、古代の人々はどのように保管していたのかとか、どのように調理して食べていたのか気になりますね。